喫茶 宇宙塵

忘れられないカレー南蛮があります。

昭和50年代まで、函館の五稜郭公園のそばにあった宇宙塵という喫茶店のカレーうどんです。

スパイシーで熱々の出汁がたっぷり入った大きめのどんぶりに腹ペコの胃袋を満たして余る大盛の太いうどん、そしてそれに蓋をかぶせるみたいに薄焼きの卵焼きがのせてあった。

時々、思い出すんですよ、今でも。(55歳男)

FB経由のメッセージです。

高校生が深酒しても誰も咎めない、酔い時代でした。カレーうどん、酔っ払ってよく吐いた…(58歳男子)

五稜郭タワー前の「宇宙塵」。
ここのカレーうどんが絶品でした。
そば屋のカレーうどん風ではなく、カレーの中にうどんが入ってる感じ。
上にソーセージとピーマン散らした薄焼き玉子がのってて、ボリュームたっぷりだった。
バナナと缶詰のみかん・パインがデザートでついてた。パンのみみも。
漫画本がたくさんあって、よくチャリで行きました。(『懐かしのあの店この店』【函館限定】より)

『懐かしのあの店この店』【函館限定】『懐かしのあの店この店』【函館限定】

喫茶宇宙塵の思い出ある方、エピソードをいただけませんか?お問い合わせ欄からご投稿ください。

こんな感じでしたね。氏家さん、ありがと。

思い出しながら作って食べました。↓


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする