これぞ地産地消フェア!!!

画像は、あふれんばかりに牛乳入荷~函館市内のスーパーにて。銘柄は地元ブランド【函館牛乳】。もちろん、その日のうちに完売いたしました 。

そしてこちらは、「ヨツバ乳業製」であふれた帯広管内のスーパー。

行き場を失っているのか、メーカーが酪農家を救うために生産を前倒しした結果なのか・・・。北海道大停電の功罪は、地元産牛乳の地産地消を促進させたことでした。

ナショナル級ブランドの牛乳たちはどこへ行ってしまったのでしょうか?

北海道庁の情報によると、北海道内の乳製品製造プラントはほとんどが9月10日までに稼働を再開できたとのことですので、この光景も一過性のものとなるかも・・・。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする