日本のカレーはイギリス式

あなたの知っているインドカレーは多分、イギリス式。

もともと、インドのカレーはとろみのないスープカレーで、小麦粉を加えてとろみの付いたカレーは揺れる船上での調理を意識した調理法だった。また、江戸末期、日本ではとろみの付いたどんぶり飯が流行っており、とろみの付いたイギリス式が受けいられやすかった。

その後、明治期に入り、大量に調理しやすいため、軍用食で重宝される。海軍カレーが代表格。現在は海上自衛隊カレーとして海の男たちに引き継がれているようです。

5等厨夫教育規則(チュウフキョウイクキソク)
海軍割烹術参考書(カッポウジュツサンコウショ)

上記は、海軍(当時)が作ったカレーのレシピです。レシピが軍規の一つだったなんて、なんて荘重なんでしょう。

それから、よく耳にする、カレーの日が金曜日になったのは
そんなに古くありません。
週休二日で土曜が休みになってからなんです。
それまでは土曜日がカレー曜日だったんですって。

戦後はハウス食品の提案型CM戦略があり、一気にカレー文化が庶民の家庭になだれ込んだ。リンゴと蜂蜜・・・といえば、昭和世代には懐かしいところ。

実は、現在のイギリスではカツカレーが大人気なのだそうです。

日本食文化の人気の影響でしょうか。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする