網走のビノス貝って船橋のホンビノス貝と違う奴なのね。

ビノスガイ(英名/Stimpson’s hard clam)

北海道の地方TV局で紹介した網走沿岸で採れるビノス貝について、調べてみた。網走で、北寄貝の漁獲副産物としてとれる邪魔者扱いのビノス貝を特産品として販売できないかという取り組みが始まった。酒蒸しにして提供する居酒屋が現れたなど。


なお、関東などで商品価値が認められた近縁種にホンビノス貝がある。

ホンビノスガイ(Cherry stone clam, Hard-shell clam)

船橋三番瀬特産のホンビノス貝がそれで、日本では、1998年に千葉市で初めて発見された。アメリカの大西洋岸では主要な水産資源であり、本場のニューイングランドクラムチャウダーは「ホンビノス貝」が材料である。 味の濃い貝で、鍋ものに適する。 市場流通時に白ハマグリやオオハマグリと呼ばれることがある。

ホンビノス貝 市場魚介類図鑑 画像あります。

どうやら、網走のビノス貝とは似て非なるものであるらしい。

網走のビノス貝は、さばくのが難しく、食べられる部位が少ない、熱を加えると固くなるなどの難点があるらしい。

ビノス貝 市場魚介類図鑑 画像あります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする