鉄製調理器具の手入れは大切

皆さんのご家庭には、鉄製のフライパンやお鍋がありますか?

お持ちの方はお判りでしょうが、的確なお手入れしないとすぐに赤さびが浮いてきちゃいますよね。赤さびを放置すると、鉄器はどんどん傷んできます。しまいには穴が開き、形が崩れてしまいます。

赤さびが健康に悪いという説は、ほぼデマですので、ご安心ください。赤さびの付いた鉄製調理器具をそういう理由で捨てるのは、理にかないません。

なお、鉄製食器の使用で有益な鉄分を摂取できるのは、鉄鍋での、煮込みとか、お汁などが直接鉄に触れる料理法でなければ期待できません。残念ながら。

鉄製調理器具の的確な手入れは、おいしい中華屋さんに行って、調理場を見ていると勉強になります。

1、炒め物などが終わったらすぐに、タワシなどで水洗いします。

2、油分がついた状態で火にかけて、熱します。

3、煙が出始めて水分が飛んだら、火を止めて放置。

この繰り返しをしているのがわかると思います。

合成洗剤で洗うのはとてもまれなことです。たとえば、あんかけ調理をした後でも、我が家では水洗いのみで済ませています。肝心なのは、洗った後に火にかけて水分を飛ばすことです。この時に、焦げ付く成分が調理器具に残っているというのは言語道断ですけどね。

今回お話ししたのは、テフロン加工されたアルミのフライパンなどのことではありませんので、ご注意ください。それらは、洗剤で洗ってくださいね。

今回の対象は、鉄製のフライパン、スキレット、ダッチオーブンなどのお話でした。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする