まちの魚や三代目が贈る珠玉のレシピ集 第2弾

【オトコメシ・『塩辛ライス焼き』】

久しぶりに作りました。
ボクの夏の昼飯定番メニューです。
もう秋の夜長ですけど(汗)

いきつけのお好み焼き屋のおっちゃんから教えて頂いた、かんたんメニューです。
ボウルに冷飯・天かす・卵・イカ塩辛をぶっ込んで、醤油で味付けて焼くだけですが、チャーハンではなくて、お好み焼きの要領で焼きます。

アクセントに長ネギとか刻み紅しょうがとかを混ぜても美味しいですが、ボクは面倒なんで入れません(笑)

もうね、「ガー!」って混ぜて「ジャー!」って焼いて「ガッガッガッ!」って食べるようなオトコメシです。
気取って作って食べるようなもんではありません。
作り方は、それぞれの画像にキャプションで説明しています。

どうか皆さんも試してみて下さい。


ご飯(冷飯)を茶碗に大盛1杯、生卵Sサイズ1ヶ、天かす大さじ1杯、安っいイカ塩辛を大さじ1杯、醤油少々の分量で人数分ぶっ込んで混ぜる。

おにぎり1ヶ分の具材を平べったく伸ばして、中火で焼く。

焦げ目ができるあたりでひっくり返す。

両面が焼けると、イカ塩辛のたまらん風味が・・・。 塩っ気が薄いなら醤油を足らす。

中まで火が通ると、塩辛の風味とお米のホクホクがたまりません! ホントは生ビールが良く合うんですが・・・( ´△`)

追伸:細かく刻んだエビ・イカ・ホタテを混ぜてゴージャスにしても良いですし、通常の塩辛ライス焼きをカリカリまで焼いてからのお茶漬けや出汁で食べても旨いです!

魚政 〒040-0051 北海道函館市弁天町12-2

電話0138-22-7846

鮮魚の地方発送、ご相談ください。

担当は魚政三代目 小甲芳信です。

小甲のティムコ通信


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする