函館のがごめ昆布と山形のだしの出会い

山形県の郷土料理(ソウルフードですかね)に、だしというものがございます。

新鮮な野菜を細かく砕いて、粘り気のある昆布と和えてまぜるという、
いたってシンプルなものですが、
暑い夏を乗り切るための素晴らしい工夫が詰まった料理です。

一昨年の夏だったでしょうか、けんみんショーでこれが紹介されてから、
夏場に注目されているのが、函館産のがごめ昆布を粉末化したものです。

だしには、青森産の塩辛昆布という商品が多用されていたようですが、
その粘りの強さから、がごめ昆布粗挽粉末に白羽の矢が立ったというわけです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする