函館の若き鮮魚店主のつぶやき

本当に強い人っていますね。
心動かされるぐらい凜としていらっしゃる方が。

ボクのお得意様で、良くお世話になっている奥様のこと。
先日も配達でお会いした際に、ボクのアキレス腱の事をものスゴく心配して頂いて、ご本人も若い頃に切った経験から、色々とアドバイスして頂いた。
もう、とにかくよく笑う方で、自分がアキレス腱を切った話もこともなげに笑い飛ばす。
無理して行ったテニスの最中に切れて、旦那さんに怒られたこと。
正月も押し迫る12月の27日に切ってしまったタイミングの悪さ。
まるでネタのようにボクを笑わせてくれる。

これから始まる憂鬱な雪かきや、ジワジワ訪れる寒さの日々も、彼女にとっては笑い話の種でしかない。

・・・しかし、彼女はその日ウィッグだった。

別のお客様からは、奥様が腎臓癌に侵されていて、かなり進行しているんだと打ち明けられていた。
ボクはとにかくショックだった。

ご夫婦ともに仲が良くて、良く遊び、良く食べるご夫妻だったのに。

もちろんボクは努めていつものように接客していたんだけど、奥様はご自分の病気に対する恐怖心や絶望感など微塵も見せず「こんなに食べたら太っちゃうねぇ~?」と、いつものチャーミングな奥様そのものだった。
まるで病気なのがウソのように。

他のご友人たちには
「だって、もうしょうがないじゃない」
「もう、こうなっちゃってたんだもん」
と、笑顔で伝えていたらしい。

ご夫婦との時間を大切にし、許される限り自宅で旦那さんへご飯を作り、残された人生を笑顔で過ごしていく・・・

本当に強い人って、彼女のような方なんだろう。
凜として前を向き、自分らしい生き方を貫く姿は、多くの事を伝えてくれている気がする。

今もそしてこれからも、奥様はボクにとって大切な大切なお客様だ。

魚政 〒040-0051 北海道函館市弁天町12-2

電話0138-22-7846

鮮魚の地方発送、ご相談ください。

担当は魚政三代目 小甲芳信です。

小甲のティムコ通信


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする