散々なる一日~これは実際ににあった出来事である。

旅慣れている私だけどなんとなくLCCは使ったことがなかった。
そろそろまた関西方面にでも行きたいなぁ~そう思っていたときちょうどタイミングよく千歳~関空の安い便があることを知った。
初めてのLCC。
よし!!行っちゃおう~迷わずチケットをゲットした。いよいよ当日。
定刻通り千歳空港を出発、機内は前の座席との間が狭く足が延ばしにくいこと以外は何ら問題もなく無事定刻通り関空到着。
この時点で今までLCCを使わないできたことを後悔していた。これからは旅行の回数も少し増えそう・・・ルンルン気分で思った。
そう・・・この時までは。
楽しい関西の数日の旅を終えて夕方の便で帰るため再び関空へ。来た時と同じくスムーズに札幌まで帰れると疑いもしていなかった。
そう、この時までは。
また明日からの仕事や日常を考えながら搭乗ロビーにて機内への搭乗を待つ。
待つ・・・待つ?
いくら待っても搭乗の案内がない。
ロビーが少しざわつき始めた頃、やっと「搭乗予定の飛行機に不具合が見つかり点検中」とのアナウンスが入る。
しかしその後は待てども待てども何の案内もないのだ。
そのうちだんだんと切れ気味になってきた搭乗予定客に恐れを感じてきたのかグランドスタッフも一人、二人と姿を消し、しまいには誰もいなくなる。
待つこと1時間半も過ぎた頃。トイレに行きたいも一人旅の身。用を足してる間に急に搭乗案内がされて自分一人だけ置いていかれたらどうしよう・・・そう思うとトイレにさえも行けない。
もう少し我慢しよう。機内にさえ入ればトイレに行ける。やっと飛行機に乗れたのは予定時間から2時間ほどたったころ。搭乗時間がアナウンスされたので運よくトイレには行けた。
千歳に着くのはだいぶ遅くなりそうだ。
家の最寄り行のバスには乗れないがJRで札幌駅まで行けば最終の地下鉄に間に合うだろう。
明日は仕事だから少しでも早く家に帰りたい。少しでも飛行機の中ではゆっくり過ごして眠りながらいこうかな。
そうだよ・・・2時間遅れたって無事に千歳に着けばいいんだから。
あ、そうだ。家に着いてから食べようかと思ってたお弁当、今食べちゃおう。
お弁当を開いたそのときだった・・・隣の隣の席から「おぅえっ」と聞こえプーンと嫌な匂いが。。。
隣に座ってるカップルのそれも男の方がゲロった。
キャビンアテンダントが走る走る。この人たちも仕事の予定が大幅に遅れあげくこんなゲロの世話までなんて考えてみればかわいそう・・・だけど、せっかくのお弁当食べることも出来なくなった私はもっとかわいそう。でもバックの中にマスク持っててよかったよ・・・。
この時まではまだ、これ以上にかわいそうなことが起こるなんて想像もしてなかったよ。
やっとやっと千歳に到着。
あとはお家に帰るだけここに来るまで長かったなぁ。なんて日だったんだ。早く家に帰ろう。
席を立ったときチラッとゲロ男君を見たら顔がまだ真っ青だった。
この人、きっと飛行機が嫌いなのね。そしてきっと初めて飛行機に乗ったのね?なんかそう思ったら可笑しかった。ゲロ男のことを思い出し笑いしながらJR駅に向かう。
一刻も早く家に帰りたい!!あとはJRに飛び乗って今度こそは少しゆっくりしよう!!ああ・・・早く電車に乗りたい・・・もう少しだ頑張れ。
あれ?
なんで?人だかり?JR職員が何か叫んでる?うそだろぉ~~おい!!列車と鹿が衝突して列車がたった今止まっただとぉぉぉ!!!
仕方ない・・・トボトボとバス停に向かうしかあるまい。もう疲れ切ってトボトボとしか歩けない。
なんて日だ。もういい、慌てても喚いても仕方ない。せめてバスの中では札幌までゆっくりしたい。
JRの件でいつもならもう空いてるはずのバスも混んでいるようだった。
補助席だけど良いかと聞かれる。
もう何だっていいよ、とにかく早く帰りたいのだ。
運転手に促されて通路に出された補助席に座る。
ああ~ついてない座りごごちが悪いなぁ。。。。と体制を変えるため隣をふと見て唖然。
そこには、ゲロ男君が座っていた。
顔はまだ青いままだった・・・・・


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする