ナンを無料でおかわりできるカレー専門店 総まとめ

データに誤りがございましたら、ご一報いただければ幸いです。

彼らはまじめで親切。そしてとても勤勉。

99%のお店がほぼ年中無休。休みがあるお店もテナントビルの休業日連動がほとんど。

日本のインド料理店は、驚くほどネパール人が携わっている。インド人は、したたかな経営技術で店を多展開し、ネパール人は、その下でムガール帝国の宮廷料理の影響を受けた高級感のある北インド料理を提供する。それは、スパイスを多用した油分が少ない香り高い味覚のもので、日本人を虜にし続けている。

インドネパール系のお店は、大別すると北インド・ネパール料理を提供するお店と南インド料理に特化するお店の2種類に分けられる。ナンなどをタンドールで調理するのは北インド・ネパール系料理を日本人に合うようにアレンジした、いわば進化形だと考えていいだろう。
ダルバートやビリヤニなどは、それらの専門店が発展しているし、人気店が増えている傾向にある。

経営姿勢の特徴を区分けすると次の3つに分類できる。

Ⅰ型:店舗外観、メニューで、ナン、ライスのお替りができることを強くアピールするタイプ。

Ⅱ型:ナン、ライスはお替り自由だが、あまり歓迎したくないので、そこは強調しないタイプ。メニューブックにはそのことを書かないか、小さく記入。

Ⅲ型:お替り自由を容認しない姿勢の経営者のお店。(お替り回数限定のお店も含む。)

本邦ではすでにⅠ型がデファクトスタンダードになりつつあると思いますので、基本的には、Ⅰ型のお店だけを取り上げていきたいと思います。


お替り自由という表現の意味には、ナンandライスの場合と、ナンorライスの場合および、ナンonlyの場合があります。

また、お替りできる回数制限があるにもかかわらず、正しく記載できていない場合があるかもしれません。

これは、当方と対象店舗との間の、日本語表記上の解釈の差異によるものです。

実際のサービスが違っている場合は、ご連絡いただければ助かります。

食べログなどの評価サイトでは、人口密集地域にあるお店のほうが来店客数も多く、コメントなどが集まりやすい傾向にあるため、本当はおいしいのに評価点数が低いお店が多々見受けられます。そんなお店を掘り起こしてみませんか?



北海道


青森県


岩手県


宮城県


福島県


栃木県



群馬県



茨城県



埼玉県



千葉県



【東京都および関東圏】

千代田区

中央区

港区

新宿区

文京区

台東区

墨田区

江東区

品川区

目黒区

大田区

世田谷区

渋谷区

中野区

杉並区

豊島区

北区

荒川区

板橋区

練馬区

足立区

葛飾区

江戸川区

東京都 市部区域

神奈川県


神奈川県川崎市

神奈川県相模原・大和・厚木方面

神奈川県横須賀ー逗子

神奈川県鎌倉・湘南・小田原

神奈川県横浜市北部

神奈川県横浜市南部

地域無分別東日本

地域無分別西日本

調査中秘密メモ

愛知県

大阪府大阪市内

大阪府大阪市外


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グソーからの伝言【電子書籍】[ 比嘉淳子 ]
価格:1210円 (2018/11/7時点)

楽天で購入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする