南青山住人様へ物申す人々

とりあえず、集めてみた。 笑いネタ
港区南青山五丁目に児童相談所設置問題で住民から反対問題で揺れているが、児童相談所の事を誤解しているんじやないかな?もしあのあたりに暴力団の事務所でもできたらおおごとだな、南青山の意識高い住民はどうなりますかね、差別を作っているのは意識高いあなたたちですよ、

南青山の3人子供の母すごいなぁ〜
頭が悪すぎて
かなりの差別発言してるわ〜
あの説明会に参加してる女の人達の発言聞いてるだけで失笑 あの意見を素直に受け入れる人は、かなりクズだと思う。同じ子供を持つ母親なら、つらい思いをして育った子を良い環境で大人にしてあげたいとは思わないのかな

南青山の児童相談所の件、昔から住んでる人の方がブランドなんて気にしてなくてまともな人多いな。ギャーギャー言うてる人、自己保身のために騒いでるだけで勉強不足な感じ。ブランド下げるのはそう言う住民な気が。

このニュース南青山の反対派が 叩かれるのは然るべきであるが 極左共が寄ってたかって 社会の富はもっと再分配されるべき なんて共産主義的思想に至ってるのは 憂うべきである。
良い金持ちもいれば悪い金持ちもいる このロジックは左派がよく 生活保護の連中に使っているよな? 金持ちも人間だ。

南青山の件、反対派をdisってる人の意見見てると他人事だと好き勝手言えるわなぁって気持ちになる。

南青山に住んで児童相談所建設に反対してる奴、クズだな。

まあ、税収が見込める一等地に造る必要が有るのかと言うのはあるけど、ブランドがどうこう言ってる奴はクズ❗

まだ南青山揉めてるのね。
そんなトコにつくるの、逆に不安な気がする…偏見を持った人らの中に放り込まれるなんて、恐怖やわ。
億単位の投資をして南青山での生活を手に入れた人の気持ちも分からんではないけど、反対意見の考え方は残念やんな

南青山にあるから辛くなるのではなく、これらの意識が、既に辛さの中にある子供や家族に、更なる辛さを作るのではないでしょうか。ブランドと子供の未来とどちらが大切なのかは、明白だと思います。  
南青山の児童相談所建設、偽レブ様の反対意見が大草原不可避ですね。初代玉の輿か玉の輿二世か玉の輿三世かは存じ上げませんが、富や名声を以てしても心根の貧しさばかりは矯正出来ないという事例を世間様に知らしめる大役、誠にご苦労様でございますなあ。

南青山に児童相談所できたらブランドイメージに土地の価値が下がるってさー…住民がガタガタ言ってる時点で南青山の価値が下がってる気がしますが😂ただの見栄の塊の連中じゃんw何で南青山に児童相談所作るんだ💢ってなっちゃうんだろう…可哀想な人達
南青山の住民、その発言のほうがよっぽど民度下げてるし、地区の価値下げてるの分かっててやってるのか?児童相談所が入った複合施設があるほうが、こいつらが居るよりずっとマシ 港区民の心の貧乏ぷりが可哀相  
南青山の人の気持ちめっちゃ分かる。経済効果のあるお話しを発言した良いのに♬  
じそうの説明会でマウンティング発言の住民なにさま。そういう人ほど南青山のイメージからかけ離れたお育ちの人と思われる。恥ずかしい。  
南青山に児相を作る件。 「港区民を愚弄するのか」←福祉施設を充実させることのどこが愚弄?
「高級スーパーばっかりだし習い事とか物価も高い。(施設に入居する)母娘が惨めな思いをするかもしれない」←親切なフリしてあなたが一番見下してる。

自分達の発言によって
南青山の価値がドンドン下がってることにあの住民達は気づいているのだろうか?  
良識ある南青山の他の住民は 怒りの声を上げるべきだと思う  
このままだと 南青山は日本でいちばん 心の汚い人間が住む街として 日本中に認識されるだろうから  
うわあ…。 「子を南青山の小学校に入れたくて、土地を買い家を建てた。物価が高く学校レベルも高く、習い事をする子も多い。施設の子が来ればつらい気持ちになる」
「青山のブランドイメージを守って。土地の価値を下げないで」  
不動産会社とかは置いといて…
まず、南青山に役所の人間がアクセスしやすいから決めたっていう個人的な事情あると思うんだよなぁ…
それに一度でも南青山に行った事ある人なら分かるだろうが…あの場所に何故?と首をかしげるのは当たり前じゃない?
田舎のちょっとした高級住宅地とは話が違うんだわ

南青山ってアンタらの所有物じゃぁないだろ?
ブランドとかって考え方、マジでどうでもいい。
それとも、猛烈に反対する程に脛に傷でもあるのかい?  
南青山には自称レベルがお高い住民の皆様に賛成してる訳では無いけど、児相は作らない方がいいと思うの。
本当の意味で児相の子供たちが可哀想。
こんな民度低い所に住んだら心も荒むし、こういう大人になっちゃいけないよっていう教訓にはなりそうだけど・・・子供たちが可哀想だよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする